ポングとベース

ベース楽しむ人生を

画像付

Jiraud Black Cloud 5 Limited  まとめ

一か月にわたりブラッククラウドについて話してきましたが、基本的な使い勝手や音の傾向と言い、簡単にまとめると「凄いジャズベース」と考えておけば良いんじゃないかと思います。 フェンダーシェイプとサウンドそのものでなければ認めないと言う場合はなか…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  アクセラレータとアクティブバランサー

ジラウドならではと言えばオリジナルのバッファであるアクセラレータの存在は外せないかと思います。入力インピーダンスが3.2MΩにもなる物ですが、これが本当に素晴らしい。 超絶派手なサウンドが好きとか渋いパッシブサウンドが好きとか、音と言うのは様々…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  何気に重要な微電流用トグルスイッチ

ジラウド初のオリジナル製品が実はこの小さなスイッチだと言うのだから驚きなところ。何でも、電源スイッチなどに使用される様な物が平然と楽器に使われている業界の事実に憤慨したのだそうな。 PUや9V用の回路などから生まれる信号なんて本当にたかが知れて…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  意外と普通なPU位置

特殊な様で実はスタンダードと言うかだからこそ実用的と言うか、ジラウドはその辺のバランスにとても優れている印象。 このブラッククラウドもPU位置は60年代のJBが基準であり、バランサーをどのポジションに振っても破綻も問題もなくちゃんと使える音が出て…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  JB-05はちゃんと5弦用

多弦用PUの多くが高域特性が壊滅的だったり反応がとにかく薄かったり鈍かったり訳の分からない物が多くて困惑します。 これは楽器本体の設計が見た目優先だったり支離滅裂な物が多いせいもあるのだと思いますし、その弱さを誤魔化す為に太く聴こえさせようと…

Jiraud Black Cloud 5 Limited   PUについて

コントロール系の解説の前にまずはジラウドのPUの話。 ジラウドは高出力とかパワーが凄いなんてレビューされる事もあるかと思いますが、実はPUは意外なぐらい昔ながらな感じで普通とすら言える物でもあるのかもしれません。 アルニコとエナメル線を使用する…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  コントロール系について

このブラッククラウドのコントロール系ですが、以下の構成になっています。 ・ボリューム(JFDTスラップモードのオン/オフ) ・バランサー(Wシールドのオン/オフ) ・ベース ・トレブル ・フロントPUのパッシブトーン(プルアップでオン) ・プリスルースイ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  24フレットじゃない理由?

これもジラウドならではの拘りだと思いますが、ほんの一部を除き24フレットの楽器が存在していません。自分の所有しているW-BASSなどはフレットレスであり、その中でもちょっと特殊な楽器なので大分条件が違うかなと。 21+3の着脱式延長指板の試作品なんか…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  シャム柿指板とタッチレスポンス

このブログを始めて以来、しつこい程にタッチレスポンスについて話してきたんじゃないかと思いますが、このブラッククラウドはやはりその集大成と言うかその点について次元の異なる楽器なんじゃないかと感じます。 指板に関してはシャム柿以外の物を見た事が…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  頼れるネック

長い年月を共に過ごしてきた楽器がほとんど存在しない為、他と比較してジラウドのネックが特別に傑出しているのかどうかは分かりませんが、高密度で安定した材を使用し頑丈でしっかりしてるのは確かだと思います。 中には極太のフラット弦を張っても全く負け…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  ヘッドデザインとテンションバランス

テンションバランスという言葉が正しいかどうかはともかく、感覚としては非常に大事な要素ではないかと。 今ではパーツから弦から何から含め多弦ベースの改良もかなり進んできた印象ですが、一昔前は本当に酷い物が多かった気がします。 特にローB弦がベロン…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  コントロールパネルとザグリ

ハイエンドと呼ばれていたり凝った木材を使用しているのに裏側に馬鹿でかいプラスチックの蓋があったりすると非常にガッカリなところ。 百歩譲って軽量化を狙うとかアコースティック感などを狙う意味でそうしてるならまだしも、ただ単に無闇に大きく削ってい…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  3Dデザインボディ

ジラウドならではの特徴と言えば、この3Dデザインのボディシェイプもそうではないかと。フラットトップの物と比較するとその違いは明らかだと思います。 複雑なカッタウェイが施されたオリジナルデザインは非常にユニークであり、様々なメリットも得られる印…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  ディープジョイントに慣れる

非常にメリットが多いと思うディープジョイントですが、やはりある程度の慣れは必要になるかと思います。 自分はもう完全にこれに馴染んでしまった為、通常のジョイントだと逆に違和感がある様な体になってますが、苦手に感じるのも確かに分かる話。 特にハ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  ディープジョイントの魅力

ジラウドならではの特徴なのはやはりディープジョイント。一部を除いたほぼ全てのベースの共通仕様になっていると思います。 J-BASSが基本であるこのブラッククラウドも当然の事ながらディープジョイント。そして勿論、その効果は絶大ではないかと。 よくあ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  真ん中の存在

ブラッククラウド最大の特徴はセンターにはめ込まれたシャム柿材の存在。これが無いとJ-BASSと言うモデルになってしまう為、非常に重要なポイントではないかと。 とは言え3ピースのボディやスルーネックの物とは異なり、1ピースのボディに1cm程の厚みの板を…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  1ピースホンジュラスマホガニー

このベースの大きな特徴の一つは貴重なホンジュラスマホガニーが使われている事ではないかと思います。しかも最近流通している物とは異なり、かなり以前に輸入されずっと眠っていた古木との事。 おまけに1ピース材と言う贅沢仕様。ブラッククラウドのオーダ…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  不動のメインベース

手に入れてからもう7年か8年か、これ以上の物には出会えないだろうなと感じる一本。ジラウドから6弦が出ない限りメインの座から降りる事はないと思います。 同じ仕様の物はこれを含めて二本だった記憶がありますが、それぐらい貴重でありクオリティも本当に…

Moody Leather Straps ベースとストラップ

演奏において地味にポイントになってくるのはストラップの様な気もする。 絶対に座って弾くなんて拘りでもない限りはほとんどの人に必要になるはず。 安っぽく頼りない物は疲れやすいし演奏にも影響が出てしまう可能性がある。 特に重いベースや多弦の使用に…

Jiraud Type4 Farad ケーブル

他に何を使っていただろうか?と言うぐらいずっと長く使ってるケーブル。 ギタリストの友人とブラインドテストなんかをした事もあるが、 これが圧倒的にレンジが広く解像度にも優れているのが分かった。 かと言って小綺麗にか細く聴こえるだけという物なので…

Jiraud HPM ヘッドホンアンプ

ジラウドで初めて購入した製品がこのヘッドホンアンプ。 もう軽く10年以上前か15年前後は愛用しているかもしれないが、 未だに大活躍で本当に助かる相棒である。 アダプターだけでなく9V電池でも駆動するので移動先で使うにも便利。 今でこそヘッドホンでの…

BagEnd S15X-D

色々と試してきた中で一番気に入ったのがこのスピーカー。 ウーハーとツイーターの同軸仕様なのがユニークなポイントだと思う。 全ての音域がスムーズに繋がると言うか妙な分離感が無くて良い。 これは多弦ベースにおいては特に有効で威力を発揮する特性だと…

Cerwin-Vega V-153

ジラウドの試奏システムを再現しようと手に入れたスピーカー。 全く同じモデルかは分からないが知っている人にはお馴染みの物だと思う。 これでパワーアンプもVESTAXの物ならそっくりになるのだが、 現在では入手困難なのでまぁそこまで拘らなくてもいいかと…

ART SLA-2 パワーアンプ

JFDT-HAを鳴らす為に購入したパワーアンプ。 と言っても厳選した訳ではなく中古品を安く購入しただけだったりする。 それでも楽器用の物に比べればこちらの方がはるかに特性が良い印象。 極端な味付けがされた物は好みではないのでPA用の物が合っている。 オ…

Jiraud JFDT-HA

ジラウドを語る上で絶対に外せないのがこのプリアンプの存在だと思う。 所有して軽く10年以上は経つが未だにこれを超える物には出会っていない。 軽量小型だったり利便性の意味で惹かれる物も出てきてはいるが、 やはり音という一点についてはどうやっても比…

W-BassのPU

厳密にどんな構造になっているかは分からないが、 このマグネットPUは本当にオリジナリティがある物だと思う。 繰り返す様だが指にも弓にも対応出来る事が素晴らしい。 しかも音量バランスが極端に崩れる様な事も無く安定している。 今はピエゾにも色々ある…

W-Bassのブリッジ

とにかく拘っている印象のこのW-Bass、 ブリッジも同様に非常に贅沢なものかもしれない。 以前、ジラウドはブリッジに特に拘りは無さそうだと話したが、 このベースに関してはちょっと別だと思う。 既成の金属のブリッジでは厳しい高さと角度を実現する為か…

W-Bassのボディ

W-Bassで特徴的なのはネックだけではなくボディも同様だと思う。 ジラウドならではの3Dシェイプの極致なのかもしれない。 弓奏に対応する為のカッタウェイが非常に独特である。 同社の新型でニュークラインと言うバイオリンシェイプの物があるが、 ジラウド…

W-Bassの指板

通常のベースと比較して大きく異なるのはまず指板だと思う。 厚みもRも一般的なエレクトリックベースのそれではない。 最大で厚さ15mmにもなる非常に贅沢で凝った作りになっている。 使用されているエボニーも真っ黒で高密度な印象。 ネック材と共に非常に厳…

Jiraud W-Bass (2)

・ボリューム ・JFDT-W スーパートーン ・JFDT-W オン/オフ スイッチ ・アコースティックモード スイッチ