読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

W-Bassのプリアンプ JFDT-W

非常に専用パーツが多いこのベース、 やはりと言うかプリアンプも専用の物になっている。 JFDTの名を冠してはいるが1トーン仕様なので操作感覚はシンプル。 しかし音作りの幅はかなり広く驚く程に変化させる事が可能。 ブーストすればハイとローが持ち上がる…

弓でも弾けるベース

ジラウドの中でも特にオリジナルと言えるのがこのベースかもしれない。 弓奏にも対応した設計になってる本体とPUが非常に素晴らしい。 マグネットPUなのに弓の音もしっかり再生してくれる。 ガサガサとしたピエゾとは違い量感豊かで滑らかな音が魅力的。 磁…

息抜きピッコロベース

ピッコロベースは賛否が分かれるところだと思うが、 個人的には【Brian Bromberg】のアルバムに衝撃を受けた。 完全にギターにしか聴こえないサウンドだがギターは一切使っていない、 ベースでこんな事が出来るのかとその内容に驚くほかなかった。 6弦ベース…

簡易ネオパッシブ

一口にネオパッシブと言っても実は数パターンあるらしく、 よりパッシブ派に理想的にハマりそうなのがこれ。 アクティブバランサーでバッファーを各PUに通す仕様とは異なり、 こちらで使用するバッファーはシンプルに1つだけ。 自分が持ってるフレットレスJB…

ネオパッシブで遊ぶ

ネオパッシブの魅力は自然で甘い音や渋い音だけではなく、 実は積極的な音作りにも対応出来るところだと思う。 PUからの信号を劣化なく出力できる様になる意味は大きい。 ジラウドのバッファーの入力インピーダンスは3.2MΩ。 パッシブの楽器に使用されるポッ…

2トーンのネオパッシブ

アクティブバランサーを使用したネオパッシブならではと言うか、 パッシブトーンを極端なセッティングにしてみると面白い事が起きる。 以前にちょっと話したけどミックス時のバリエーションが増えるのがユニーク。 特にパッシブトーンが各PUに対し装備されて…

ジラウドはアンプを選ぶのか?

「ジラウドはアンプを選ぶ!実用が難しい!」 なんて声を聞く事があるが気持ちは何となく分かる反面、 実際はその逆なんじゃないか?と思うのが正直なところ。 インピーダンスの処理に拘っている意味は非常に大きい。 その時点でプレイヤーの大きな心配事の…

ディープジョイントに慣れる

面白いものでディープジョイントに慣れてしまっていくと、 最終フレットまでスムーズなんて楽器の方が落ち着かなくなったりする。 「感覚が狂うからカッタウェイは入れないで欲しい。」 なんて声をエレクトリックアップライト(EUB)のレビューなんかでも見た…

全開セッティング

JFDT-Cを地味~に渋く使うと本当に良い。 しかしブーストしまくりの快楽的サウンドが捨て難いのもまた事実。 他のプリやエフェクターではボワボワに飽和してしまったり、 グッチャグチャになって使い物にならず終わりそうなところ、 このJFDT-Cなら極端なセ…

JFDT-C

ジラウドと言えばこれ、と思うプリアンプ。 同社のスラッパーが有名だけどその中身がこのJFDT-C。 基本はベースとトレブルの2バンドで操作も楽。 スラップモードまで駆使して超絶ワイドレンジにするのも良いけど、 そればかりに注目するのは勿体ない気がする…

パッシブトーン (2)

フロントPUにパッシブトーンを追加した理由はもう一つ、 リアPUのサウンドバリエーションを増やす事にもある。 フロントのトーンをカットした状態で両PUをミックスした場合、 硬質なリアのサウンドに対しフロントの太さと甘さを足せる感じになる。 勿論、リ…

パッシブトーン (1)

渋い音のプレベが欲しいけどもう楽器は増やしたくない・・・ 5弦のプレベがあれば尚良いけどどれもイマイチ・・・ そんな事を考え悩んだ末に出した答えがパッシブトーンの追加。 あえてフロントPUにのみ働く様にしたのがポイント。 常時通りっ放しだと自分の…

ダブルシールド

地味な様だけど確実な効果を発揮するジラウドのダブルシールド。 ノイズなど気にせず元気の良い音を出すかそれとも静かな方を選ぶか、 スイッチ1つで簡単に選べるのが何とも嬉しい。 このベースはバランサーのプルアップでシールドを強化した方に切り替え。 …

スラップモード

アンプとZOOMのカメラを使って撮影。 望む音質で録れないのが悲しいけどブログ用のテストと言う事で。 セッティングはトレブルセンターでベースは全開。 前半はノーマルモードで後半がスラップモード。 ボリュームノブのプルアップで切り替わる仕様。 三か月…