ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ベース話

初めてベースの神様だと思ったのはIRON MAIDENのSTEVE HARRISかもしれない

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com メガデスでブッ飛んだのは確かですが、実のところ、ベースプレイ自体に関しては想像の範疇だったと言いますか、フレーズなどに対しそこまでの衝撃を受ける事は無かった様な気がします。 「こういう音を出したい!…

MEGADETHで金属臭と重さに目覚め、ベースサウンドも意識する様になる

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com ハロウィンのその曲の分かりやすさやインパクト、ボーカルにギターサウンドの格好良さなどに痺れましたが、実のところ、ベースサウンドの違いを意識する事には、まだそこまで目覚めなかった様に思います。 ショボ…

Xの次に手を出したのはHELLOWEENなど

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com ベースに限らず楽器の事が分かってくると、音色やスタイル、その好みなどもだんだん出来上がってくるものだと思います。 BOOWYとXと聴いたりコピーしたり、そして中学生は更に生意気になっていくと。 当然の事なが…

中学時代&初のベースヒーローはTAIJI

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com 生意気な中学生となると「もっと難しいのやってみてぇ!」とか「もう同じのは飽きたわ!」なんてやっぱり粋がる訳ですが、そこで次に何を手を出したかと言うと、X(JAPAN付けは未だに違和感)だった次第。 ただ、…

ベース人生、LAST GIGSのコピーからスタートした事を思い出してみる

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com 兄の影響でベースを始めたと先日話しましたが、その兄貴のアドバイスを元にコピーを始めたのが『LAST GIGS』と言うライブアルバム。 実際、自分もこのアルバムが好きでよく聴いていた為、何の抵抗もなく始める事が…

BOOWYのコピーで印象に残ってる曲とベース

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com 先日の【NO.NEW YORK】は勿論ですが【B・BLUE】と【Like a child】の2曲も自分としては外せないところかもしれません。 前者に関しては、イントロにあるギターとベースのユニゾンフレーズで躓きました。 前回に続…

ベースを始めて一番最初に覚えた曲

『BOOWY』の【NO.NEW YORK】。 これはもう本当にはっきり覚えています。 兄の影響でベースを始めた自分ですが、とりあえず好きだったのがBOOWY。 『LAST GIGS』ってアルバムをよく聴いていた為、そこからコピーを始めた次第。 しかし、二曲目に覚えたのが何…

Anthony Jacksonのタッチなどについて語る

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 先日触れた横振動や回転運動などのコントロール、この辺が異常に上手いのはやはりアンソニージャクソンではないかと思います。 楽器本体にトーンはおろか、ボリュームのツマミすら無い楽器を操っているだけあ…

縦振動のタッチ 方向の意識、負担の増加・軽減を考える

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com 縦振動で弾くという事に限らずですが、力を入れる方向を意識するのは本当に大事な印象。 エレクトリックベースの場合、ストラップを物凄く下げて弾くのでもない限り、大体はボディ側面に腕を乗せて弾く事になるか…

縦振動のタッチ 改めて研究開始

まずはこちらの記事を。 pompombass.hatenablog.com pompombass.hatenablog.com ブログを書き続けるのもちょっと慣れてきた気がするので、また縦振動のタッチについて改めて研究し、話もしていこうかと思います。 以前の記事を見てみると「私はこれで人生変…

Jiraudの新作を試奏&電源はやっぱり大事だと痛感

先日、ジラウドさんの方へ行ってきました。 お目当ては【Speed Booster】と言う新製品です。 簡単に説明すると、DI+プリアンプって事になるかもしれません。 一口にプリアンプと言っても、単純にゲインのコントロールだけをするか、EQも付いていたり総合的…

多弦ベースの魅力は音域を広げる事だけではない

多弦と言うと音域が凄く広がる様なイメージがあるんじゃないかと想像するところ。 20フレットの4弦と24フレットの6弦などと比較してみるとやはり、かなり感覚が異なるんじゃないかと思います。 全くの別物みたいだと感じてもおかしくない。 しかし実際のとこ…

超多弦ベースにはあまり惹かれない話

pompombass.hatenablog.com 多弦ベースについて以前に話しましたが、自分は17歳の時、4弦から6弦に行った人間だったりします。 変な話、5弦は興味が無かったので飛ばしました。 前の話の通り、そもそもそれがないとコピーが出来ない為、6弦を弾く事しか頭に…

「人と違う事を!」に対する疑問

多弦ベースを弾く動機にもありそうな「人と同じは嫌だ!」なんて思考。 恐らく、誰でも一度はそう考えた事があるんじゃないかと想像しますが、と言う事は案外、皆そんな思考なのかもしれないと疑問になる気もするところ。 「本当はこれが良いんだけどあいつ…

4弦=旧式ではない

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 先日からの流れの感じだと「4弦=旧式。多弦=最新式。」みたいな話になってしまいそうなところかもしれませんが、それはあまりに安易な判断か極論だと思うのが正直な話。 自分が考えるに、4弦の方が身体的な…

PS4を買ってみて多弦ベースに思う事

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com つい先日、PS4を購入しました。 と言っても、まだソフトは何も持っていませんが、某ポイントが結構溜まっているのに放置・失効させるのも勿体ない為、試しに入手してみた次第。 PS3ですら大してやってないぐら…

多弦ベースへの偏見は流石に古いんじゃないかって話

一昔前は5弦にすら強烈な偏見があったんじゃないかと思う多弦ベースの世界。 実際、自分は10代の頃から5~6弦を弾いていましたが「ベースの音域広げたって役に立たないでしょ?それ何か意味あるの?」とかよく言われたものです。 高音弦だけを増やしたり、ず…

楽器の波形なんてそもそも汚いものだと思う話

と言うのも言葉が悪い様ですが、「フラットな音=平らな波形=ピュアな音」みたいなのが凄く嫌だなぁと個人的には思うところ。 楽器にしてもオーディオにしてもそうですが、「フラットでナチュラルです!」と言うのがピンと来ない場合も多いものかもしれませ…

ネオジウム系のキャビが苦手な話

こちらが軽いアンプについての話。 pompombass.hatenablog.com そしてこちらがネオジウムユニット仕様の15インチPAスピーカーの音。 6年前に撮った物なので詳細は覚えていませんが、音が軽めなのは伝わるかなと。 www.youtube.com 軽量アンプの件と似た様な…

電源が良いに越した事はない気がする

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 先日の内容と同じく、電源と言うのは軽視出来ない存在だと自分は思うところですが、ネット上では極端な話が面白おかしくネタ扱いをされているせいか、イメージが変な方向にある様な気もしたり。 ライブなどに…

電源が貧弱なのは辛い

例として出すにはあまりに極端な様ですが、電源が弱いとこうなるって動画です。 使用しているのはジラウドのHPMで、9V電池一個での駆動。 ヘッドホンアンプではありますが、スピーカーも鳴らせる物です。 www.youtube.com で、こちらがHPMを12Vアダプターで…

D級アンプは確かに便利だけど・・・な話

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 昨今、超小型軽量なアンプがどんどん増えていますが、正直に言って、音的には難がある物も多いかなと。 大音量でスラップなんかするとよく分かりますが、「ズドンッ!」と来て欲しいのに「ドムゥン・・」って…

D.markのキャビネットは面白い

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 冷蔵庫系定番アンプが嫌いとか、そもそもベースアンプ自体にあまり興味が無い旨の話をしましたが、冷蔵庫系のキャビにはそれはそれでメリットも感じるところ。 如何に自分好みの高性能な物があったとしても、…

ベースアンプが嫌い

「何でベースアンプってこんなに音悪いんだろう?」 とは十代の頃からずっと思っている事ですが、今でもその印象はあまり変わらないと言うか、正直、諦めてるぐらいな感じだったり。 未だにツイーターすら付いていないキャビにはガッカリしますし、とにかく…

こまごましたスピーカーが苦手な話

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com ウーハー(低域)スコーカー(中域)ツイーター(高域)と組み合わせる事で、効率良くワイドレンジな特性を得ようとしている物もよくある印象ですが、個人的にはあまり好きになれなかったり。 酷い奴だとその…

能率の高いスピーカーの方が好きな話

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 能率が3db違うと音量が倍違うって話があるみたいですが、実際、高能率なスピーカーだと小出力のパワーアンプでもかなりの音量が出る印象。 厳密にそのスペックと数値通りの大きさであるかはともかく、我が家の…

オーディオ=高級って認識も何か違う気がする

こちらは前回の話。 pompombass.hatenablog.com 業界の自業自得とも言えるのかもしれませんが、オーディオの世界の敷居が高い感じは自分も確かに苦手。 何十万ってレベルじゃまだぬるいとか、百万単位かけて当たり前とか、いきなりそういうのだけ見たら確か…

オーディオの軽視、オカルト視に対する疑問

やたらとオカルト扱いされたり、実際、ネタとしか思えない様な話も多い印象のオーディオの世界。 しかし、それを馬鹿にしておきながら、圧縮音源に抵抗を持たなかったり、大した数のCDも持ってなかったり、そもそもスピーカーシステムすら持ってないなんての…

Jiraud Black Cloud 5 Limited  不動のメインベース

手に入れてからもう7年か8年か、これ以上の物には出会えないだろうなと感じる一本。ジラウドから6弦が出ない限りメインの座から降りる事はないと思います。 同じ仕様の物はこれを含めて二本だった記憶がありますが、それぐらい貴重でありクオリティも本当に…

4弦パッシブ・アンプ直の利点?

「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」 なんて台詞が某漫画にあったりするが、 今まで使ってきた弦代や電池代などを合わせるとどれ程のものになるのか、 真面目な話ちょっと笑えない事になるんじゃないかって気がする。 特に自分などは4弦歴が…