読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

電池を笑う者は電池に泣く?

電気楽器の基本という事で思い知ったのが電池の質。

アクティブ楽器のリスクや宿命とも言えそうだけど、

外れを引くと酷い目にあうのだと改めて考えさせられる。

ジラウドを訪問した際にチェックしてもらった電池で8.5Vという物があった。

しかも初期電圧で8.5Vなので継続使用時は更に下がっている恐れがある。

まだ交換してそれほど時間も経ってないはずなのにこれは困る。

影響が露骨に出てしまい特にブースト時の音の違和感が酷い。

強く弾くと歪んで音が小さくなってそこから後鳴りして戻ってくると言うか、

質の悪いコンプでも通したかの様な物凄い不自然な出音になってしまった。

 

音の好みとか独特の特性とかそういった問題にする場合、

マンガンかアルカリか?みたいな話にも出来そうではあるが、

まぁ単なる不良品に関しては好み云々の問題ではないと思う。

最初から低電圧で品質も安定してないみたいなのはやはり勘弁である。

アクティブのベースをクリーンに気持ち良く鳴らしたいのであれば、

これはもう元気な電池の方が絶対に良いはず。

音を出す事すら危うくなる胡散臭い物には手を出さない方が賢明かと思われる。

アルカリとは言え駄目な物は駄目と言うか前述の電池がまさにそうだった。

 

しかしそんな事を考えていくとパッシブはシンプルで良い気もしてくる。

インピーダンスの問題はあるが電池トラブルの心配は減る。

それか内蔵するのは低消費電力のバッファーぐらいにしておいて、

安定した電源を用意してプリ等はアウトボードで使う方が確実なのかとも思う。

ジラウドのプリもバッファーも非常に電池の持ちは良いんだけれど、

積極的にブーストして使ったり長時間のハードな使用が続くなんて場合、

やはり残量に対する油断はしない方が良いなと痛感。

長期間の使用が可能なだけに逆についついケチってしまうと言うか、

そういった甘い考えは危険なのだと思い知らされる。

繰り返す様だけど電気楽器の命はやっぱり電気という事なのかもしれない。

肝心なところでガス欠で備えも無いなんてのは笑えない。

HPMの電源と電気楽器の基本

9V~12Vの電源が使えるこのHPMだが、

やはりと言うか12Vで使用した方が余裕があって安定もする印象。

ヘッドホンでの使用なら9Vでもそれほど問題は無いのかもしれないが、

スピーカーも鳴らそうと考えるならば話が変わってくると思う。

それなりに吟味しないと良い結果が得られない可能性がある。

以前はコルグだったかの12Vのアダプターを使用していたが、

最近では知人に作ってもらった物を専用として使っている。

 

経験上、安物やスイッチング電源かと思われる物には痛い目を見た。

「軽量小型大出力!」なんて感じの物が今では珍しくない分、

ちょっと気を付けた方が良いんじゃないかという印象がある。

必要な電力を瞬時に供給出来ないのか再生もされないのか、

酷いのになるとLEDが消えかかったり音もブツ切れになったりした。

しっかり安定化されていないと満足に性能を発揮出来ないどころか、

音を出す事すら怪しくなるので本当に注意が必要だと感じる。

 

まぁ何も高級な電源を用意しろとかそこまでの話ではなく、

最低限それなりなアダプターを用意すればそれで充分かと思う。

しかし意外と軽視されそうなところの様な気もするので、

この辺はやはりエレクトリック楽器の基本を頭に入れるべきなのかもしれない。

まず電気が無けりゃどうにもならないってのが動かぬ真理かなと。

オカルトでも何でもなく電源に拘る事には意味があると言うか、

燃料が無ければ動かないのは当然の話かって気がする。

でかい音を出すなら尚更そうであって貧弱な電源では心もとない。

 

そんな訳で数年前にやってみた実験結果でも。

最初のは12V、次に9V、最後に電池でPAスピーカーを鳴らしてみた。

12Vだとスラップも普通に出来るところが9Vだと強めに弾くと歪んでしまう。

電池に関しては当然ながらパワー的には論外でそれが視覚的にも分かりやすい。

ちなみに前述の酷いアダプターでもこんな感じになる為、

ただの冗談だろと笑っていられる話でもなかったりする。

安定した電源と出力でちゃんと再生する事は想像以上に効果があるのだと思う。

ベースのダイナミクスや瞬間的なパワーを侮ってはいけないし、

現実的な範囲内で拘れるところは拘った方が良いんじゃないかって印象。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com