読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

速い音、遅い音、遠い音、など

音が速いの遅いのと言っても時速何kmで出るとかそういう話の事ではない。

非常に曖昧で感覚的な話だと思うし本来はどんな表現が的確なのか分からない。

しかしそんな言葉で説明せずともこの感覚が分かっている人は意外と多いはず。

例えば空間系のエフェクターをかけ過ぎた音とか間違いなく遠く感じると思う。

アンプシミュレーターなどで音を作り込んだは良いがバンドじゃ全然駄目とか、

そんな事態に陥った経験のある人なんかも結構いるんじゃないかと想像する。

野外や大ホールなどで音が聞こえ難かったり変な風に感じたり、

楽器に限った話でなくとも普通に有り得る事なんじゃないかと思うところ。

聴覚の自然な判断と言うか実はそんなに難しい話でもないのかもしれない。

 

ところが楽器選びにおいてこの感覚は何故か置き去りにされがちにも感じる。

第一印象の音色や扱いやすさなどを重視するのが当たり前になるのは分かるが、

それがいざアンサンブルで使えるものなのか抜けてくるのか存在感があるのか、

意外と微妙なところかもしれないしそれで悩む人も多いんじゃないかと。

高価な買い物になるほど良い音色を求めてしまうのも非常によく分かるのだが、

ちょっと違う観点や感覚から判断するのも良いんじゃないかと思う次第。

個人的には遅くて遠い音な印象の楽器は絶対に避けたいところかもしれない。

 

 パッシブに拘りがある人でアクティブが嫌いと言うよくある意見、

そこにはこの速い遅い遠いとかそんな感覚が働いてる可能性もある気がする。

ドンシャリで嫌とかニュアンスが出ないから嫌とか偽物臭くて嫌とか、

それは出音に妙なタイムラグが起きてる故に感じる事でもあるのかもしれない。

特に帯域による時間差を感じる様な音というのは違和感があり気持ち悪いはず。

高い帯域の方が耳に聞こえやすいものだと思うしそれを強調した場合、

恐らくは感覚的にも速く感じたり音の抜けも良いと判断するかもしれない。

その逆で低域はどうしても鈍重になりがちで歯切れも悪くなる。

酷い場合は音が団子の様な状態になって不快になる可能性もある。

嫌なアクティブ楽器の特徴としてやたらと上がギラギラしていたり、

下の方が無駄に出てきて物凄く不自然になっている事がある様に感じる。

極端に言うと上が速くて下が遅く感じる状態でもあるのかもしれない。

 

そして問題なのはそもそもが遠く感じる音だったり遅い特性だったりするのに、

それを補おうとハイを強調したり過剰に加工していく事なのではないかと思う。

上の方が過剰で細く聴こえれば今度はローをブーストしたり、

下が過剰になってくれば逆にまたハイを足したりタッチも弱くしたり、

馴染みやすい様に素直に抜ける様にと中域も上げてみたり、

音を上手くまとめようとコンプもかけたりペダルで頑張ってみたり、

そうやって悪循環を起こす事でどんどん音が滅茶苦茶になっていく気がする。

回路の元々の特性が酷いとか余計な部品を通って遠回りする事になるとか、

それで音が遅く遠く感じる状態になっているのは本当に気持ち悪い。

アクティブが嫌いになるというのも分かる話だし確かに避けたくもなる。

 

そして楽器本体の生鳴りも重要なはずだが話がまたこじれそうでもあり困る。

ラミネート加工を駆使した物もよくあるが成功させるのは本当に難しい印象。

前述の様に後付けで何とかしようとすると大体は悲惨な結果になるから悲しい。

先日の冗談みたいな話も意外と笑えない現実だったりする可能性もある。 

製作の時点でもうすでにおかしな事になっているのに、

更にプレイヤーまで混乱した音作りをしていたらどうにもならないはず。

複雑な構造でも見事な仕上がりで楽器を作れる人も存在するのかもしれないが、

大体の場合は生鳴りは酷い事になるし遅くて遠い音にもなる印象が強い。

凝った物が好きな人がシンプルなJB等の良さに驚く事などもあるかと思うが、

その理由や原因というのは当然で分かりやすい話なんじゃないかと。

後付けで遠回りしたままになってる様な物には警戒した方が良い気がする。

 

そういった不自然極まりない楽器に振り回されたくないのであれば、

シンプルな物を試したりそれを弾き込んでみる事が大切なんじゃないかと思う。

帯域による妙な時間差や立ち上がりの違和感が少ない物は弾いてて気持ち良い。

速い音と高域がうるさいのをイコールにするのは似た様で違う話の気がする。

音が素直に前に出てくれば高域を変に強調する必要も無いし、

低音も過剰に出す必要が無く立ち上がりも速く感じるはず。

ボディが良く鳴ってる楽器は後付けで作れない充実した中域も持っていたり、

バンドの中で非常に心地よく自然に馴染んだりもするかと思う。

よく弾き込まれた楽器は下から上まで音が一つの塊の様になって出てくる印象。

そんな音の一体感を求めてパッシブを愛するなんてのも分かる話だし、

ビンテージに惹かれる人が多かったり特別なものを感じるのも理解出来る。

 

そもそも出ていない帯域を無理に持ち上げようとしても破綻するのがオチ。

足元にどんなに沢山のペダルを用意しようが拘って厳選しようが、

元々がおかしな事になっているのでは解決はしないんじゃないかと思う。

だったら下手にレンジを広げるより狭くした方が正解になる可能性も有り得る。

まぁ極端なサウンドが必要なジャンルやバンドなどではまた話が違いそうだが、

やはり明らかにおかしな楽器を使って損をしている人も多いのではないかと。

以前にも話したナチュラルに遅延があったり音が奥まって聞こえなかったり、

そんな遅くて遠いなんて特性の楽器で頑張るのはなかなか辛い事だと感じる。

そして変に高域を強調したりアタックを過剰に出そうとしたり力んだり、

悪循環な音作りとタッチに陥る事も少なくないのではと想像する。

アクティブに対しても誤解が広まる事になる気がするかもしれない。

 

楽器選びは音の速さやまとまり方を意識するとまた視点が変わってくると思う。

速いと言っても前述の様に高域の出方だけを意識するのではなく、

低音も遅れなく前にしっかり出てくるか違和感なく立ち上がるか、

その辺りにかなり注意した方が良いんじゃないかと感じる。

ドンシャリで抜けてこないとかバンドじゃ弱いとか、

それはまず楽器本体の生鳴りや構造から疑った方が良いし、

PUや回路の癖なども疑問に思うべきなんじゃないかって気がする。

生音が薄い遅い、PUは癖があってレンジも狭い、プリも遅いし音色も変、

そんな状態ではドンシャリもクソもなくそもそもが不味い事になってるはず。

いくら電気的に高速でも生鳴りの時点で痩せていたり鈍重なのでは厳しい。

酷い楽器はパッシブ/アクティブ関係なく酷い物なんだと思う。

 

タッチを見直すのは勿論大切な事だし根本的な話かもしれないけど、

やはりそれに機敏に答えてくれる楽器を使用する事も重要に感じる。

今の時代、良い音が出てくれる物は沢山溢れているぐらいなのかもしれないが、

シンプルに高速に音が飛び出てきてくれる物は意外と無い様な印象。

音作りに苦労したり悩み続けている人は音色の事は一旦まず置いてみて、

音の速さについて考えてみる事・意識する事もおすすめしたい次第。

例えハイエンドだろうと安物にすら劣ってる場合もある可能性は否定出来ない。

それこそ先日の様なパターンが現実に存在したら全力で回避したいところ。

特に「あの人が使ってんだから悪いはずない!」みたいなのは危険な気がする。

個性の塊とか達人などと自分が同じ領域にいる前提で考えるのは無茶に思える。

こんな楽器作りは嫌だ

俺らしい個性的な楽器を作ろう!

シェイプも凝った物にして存在感を出そう!

でも木材らしく温かくナチュラルで良い音がする物にしよう!

どうも輪郭が無いから硬い木を貼ってみよう!

今度は硬すぎたから色々組み合わせてみよう!

どうせなら豪華に見える派手な材も使おう!

重くなったからボディは薄くしよう!

弾きやすい様にネックも薄くしよう!

ちょっと音が細い気がするからPUはハムにしよう!

いまいち抜けてこないからシリーズもパラレルも選べる様にしよう!

ジャンル選ばず何でも出来る様にプリアンプも入れよう!

シンプルでも良い様にパッシブにも切り替えられる様にしよう!

頑固すぎても駄目だ!良いものなら柔軟に取り入れよう!

使ってくれそうなプロに渡してみてその人の意見も聞こう!

プロの意見は凄い!この人が気に入ってくれる物を作れる様に頑張ろう!

プロが認めたんだから間違いないんだ!これがウチの楽器なんだ音なんだ!

多少高くなるのは仕方ない!良い物を作るんだから当然だろ!

楽器作りは拘りと個性が大事なんだよ!俺には絶対の自信がある!

 

こういうのは勘弁かなと思う。